太陽光発電の工事

コロニアル太陽光の雨漏りとは

太陽光発電システムを設置するときのトラブルには雨漏りがあります。
雨漏りしやすい屋根材のひとつにコロニアル屋根材というものがあります。
コロニアル屋根材はカラーベストとも呼ばれているもので、塗り替えが必要なタイプの屋根材です。
葺き替えに関しては20年に一度程度でよいと言われていますが美観を気にするのであれば塗り替えはもっと頻繁に行うべきです。
コロニアル屋根材を持っている家屋でも太陽光発電を導入するということもあります。
太陽光発電導入の前にコロニアル屋根材の塗装を提案されることもあるかと思います。
コロニアル屋根材にしてもほかの屋根材にしても太陽光発電を導入すると屋根材自体に何か塗装を施すためには非常に手間がかかってしまうので太陽光発電パネルを設置する前にまずは塗装を、ということです。

コロニアル材で太陽光発電システムを導入するときに雨漏りが起こりやすい理由ですが雨漏りの原因となるネジやクギなどと関係しています。
コロニアル材の場合には強く釘やねじを打ち込むと雨水が逆流することがあります。
そのような意味でコロニアル材の場合は太陽光発電システムを設置するときに特に雨漏りに注意が必要と言われることも多いです。
太陽光発電パネルを直接取り付けるのではなく支持金具などを使っているタイプの施工方法もあります。
施工方法によってもコロニアル屋根材を持っている家屋の雨漏りの危険性は多少変わりますので業者とよく話し合って納得できるような形での導入を行っていきましょう。

雨漏りに関してですがいざ雨漏りが起こったとなると保証を求める必要があります。
雨漏りに関してもその他のトラブルに関しても基本としては商品自体のトラブルはメーカーに、工事におけるトラブルは業者にということになります。
コロニアル屋根材にしてもほかの屋根材にしても雨漏りが起こった時というのはどちらが原因になっているかはわかりません。
まずは業者を呼んで雨漏りの原因を確認してもらう必要があると言えるでしょう。
その結果として太陽光パネルそのものと施工方法とどちらに問題があったのかをはっきりさせることが出来ます。
工事の仕方に問題があるという場合には施工を担当した業者の保証となります。
太陽光発電システム設置業者の保証期間についてですが全国的に一律の保証体制を持っているというわけではありません。
それぞれの業者によって保証の期間や度合いが違いますので契約前の確認は必須です。

太陽光発電のお見積り
太陽光発電
無料一括見積サービス
特長

太陽光発電は見積り比較で安くなる!
最短1分の簡単入力で複数業者から見積もりが届きます。対応メーカーもパナソニック、三菱電機、サンテック、シャープ、京セラ、ホンダ、カナディアンソーラー、フジプレアム、長州産業、東芝などと多いので自分の希望メーカーだけではなく、設置する屋根に一番適したメーカーで提案することも可能。太陽光発電システムの相場も知ることが出来ます!

地域に密着した施工会社をご紹介!
【太陽光発電システム見積比較.com】
数社から無料で見積もり比較ができます。施工会社には匿名で相談可能ですので、しつこい営業販売がありません。登録業者が多いのが特徴で地域密着で地元の業者様をご紹介いただけます。
Copyright(c) 2012 太陽光発電ガイド ~ソーラー発電2013年のメリット・デメリットをご紹介~ All Rights Reserved.